環境計測・光学機器
太陽光発電フィールドや気象観測における日射計測、ビル間の風向・風速モニタなど
環境シミュレ-ションに適した機器の販売・レンタル。
熱電対
超高温域や微細エリア等、測定現場の様々なアプリケ-ションにそった最適な提案。
工業規格以外の特殊熱電対もご相談ください。
電気炉
研究領域で要求される均熱特性、炉内温度勾配や多様な試験条件を1台で実現。
真空・ガス導入を装備した電気炉装置の設計
基準太陽電池
ソ-ラ-シミュレ-タの照度校正、太陽電池モジュ-ルの屋外性能確認に応える、
国家規格に適合した基準太陽電池。ユーザ-仕様による特注可。
Created with Raphaël 2.1.0

環境計測・光学機器関連製品 熱電対関連製品 電気炉関連製品 基準太陽電池関連製品

    2019-11-28
    カテゴリトップ>メイン特集1>RPM
    RPM G-MAX150 マフラー 80D-RAPTOR TI チタン G-MAX150 RPM 6022Z

    商品内容


    商品名


     RPM 6022Z マフラー 80D-RAPTOR TI G-MAX150 RPM 6022Z

    状態

    新品未使用


    内容

    EX-P:ステンレス
    サイレンサーカバー:ブルーチタン
    適合車種:PGO G-MAX150
    適合型式/年式:RFVM2UC5
    フィッティングタイプ:スリップオン
    サイレンサーサイズ:φ100×370
    オイル交換:○
    オイルフィルター交換:○
    タンデム:○
    公道走行:○
    近接排気騒音値:89db
    多段圧縮膨張構造サイレンサーを搭載したハイスペックマフラーです。
    サイレンサー内部は、3つの膨張室に分かれており、その膨張室の容量や隔壁間を結ぶバイパスパイプ全長およびパイプ内径をミリ単位で変更しながら実走行テスト・シャーシダイナモテスト・モニタリングを行い、ベストな背圧セッティングを追及してから製品化しております。
    開発にかかるコストにとらわれずに研究を行った結果、1000種類以上のサイレンサー構想と300種類を超える試作サイレンサーを製作し、それらが80D-RAPTORブランドマフラー開発の基本となっております。
    スタンダードマフラーとの交換のみで走行性能アップを実現しました。
    トルク特性は、とても扱い易く、レスポンスが良く、どの回転域からスロットルをオープンにしても力強い加速フィールを発揮します。

    画像はイメージ画像となります。
    一部の商品はメーカー取り寄せとなり廃盤、または欠品中の場合があります。
    ご了承ください。
    サイズ、デザインなどを必ずご確認の上、ご注文下さい。
    掲載されている製品のデザイン、価格は予告なく変更することがありますので、ご了承ください。
    ご注文確定後はお客様都合でのキャンセル、返品及び交換不可。

    ご注意 人気商品に付き稀に在庫を切らす事があります。
    お急ぎの方は必ず,在庫の確認をお願いします。
    ご注文確定後はお客様都合でのキャンセル、返品及び交換不可。
    お使いのPCや携帯電話などの環境により画像の商品と若干の色目が異なる事があります。ご了承ください。
    配送方法 佐川急便のみ対応しております。
    一部離島等はこちらの都合で日本郵便で発送する場合も御座います。


    RPM 6022Z マフラー 80D-RAPTOR TI G-MAX150 RPM 6022ZRPM 6022Z マフラー 80D-RAPTOR TI G-MAX150 RPM 6022Z

    価格
    94,999円 (税込102,599 円)
    ※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
    ※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
    ※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
    在庫状況確認後納期をお知らせします
    個数
    未選択項目があります
    選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
    未選択項目があります
    選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
    お気に入りに追加
    お気に入りに追加
    レビューを書く

Special

RoHS対応について

EU(欧州連合)における特定有害物質使用制限に関する規制(RoHS指令)はその運用が2006年に開始されてから既にかなりの期間が経過しておりますが、いまだにその対応が不十分な製品が報告されております。弊社では、いち早く製品の出荷時におけるスクリ-ニング検査手法を導入し、御要求に応じて取引先の皆様に検査デ-タの提供をさせていただいております。また、必要に応じて各部材の精密検査も専門 検査機関に依頼し、安心して製品をご提供できるよう努めております。

環境経営について

弊社は、従来より"捨てればゴミ、使えば資源"と考え、梱包材の再利用や資源リサイクルのためのゴミ分別などを行ってまいりました。また、昨今話題となっている化学物質の環境問題にも早くから取り組み、特に2006年にEU(欧州連合)で運用が始まった特定有害物質使用制限に関する規制(RoHS指令)には当初から積極的に対応し、有害物質を含まない、地球にやさしい製品をお届けする事を心がけております。