環境計測・光学機器
太陽光発電フィールドや気象観測における日射計測、ビル間の風向・風速モニタなど
環境シミュレ-ションに適した機器の販売・レンタル。
熱電対
超高温域や微細エリア等、測定現場の様々なアプリケ-ションにそった最適な提案。
工業規格以外の特殊熱電対もご相談ください。
電気炉
研究領域で要求される均熱特性、炉内温度勾配や多様な試験条件を1台で実現。
真空・ガス導入を装備した電気炉装置の設計
基準太陽電池
ソ-ラ-シミュレ-タの照度校正、太陽電池モジュ-ルの屋外性能確認に応える、
国家規格に適合した基準太陽電池。ユーザ-仕様による特注可。
Created with Raphaël 2.1.0

環境計測・光学機器関連製品 熱電対関連製品 電気炉関連製品 基準太陽電池関連製品

    2019-09-12
    カテゴリトップ > 電子機器 > 電子機器 > 静電気対策用品 > 除電機
    SMC イオナイザ フィードバックセンサタイプ [ 品番:IZS4146006B ]
    特長

    ●フィードバックセンサによる高速除電が可能です。
    ●オートバランスセンサにより調整、メンテ工数を削減しました。
    ●リモコン設定が可能です。
    (別売)●渡り配線で電源と配線工数を削減しました。
    ●ローメンテナンス電極針カートリッジを採用しています。
    (高速or省エネ除電カートリッジ)

    オレンジブック 製品仕様
    SMC(株) イオナイザ フィードバックセンサタイプ [ 品番:IZS4146006B ]
    用途●静電気が発生する一般産業全般で、高速除電したい場合など。
    仕様●電源(V):DC24±10%
    ●使用空気圧力(MPa):0.5以下
    ●消費電流(mA):440以下
    ●幅(mm):460
    ●奥行(mm):44
    ●高さ(mm):105
    ●適合チューブ外径(mm):Φ6
    仕様2●除電方式:コロナ放電式
    ●使用環境温度:0〜40℃
    ●使用環境湿度:35〜80%RH(結露なきこと)
    ●イオンバランス:±30V※帯電物との距離300mmエアパージ有り
    ●電圧印加方式:AC、センシングAC、DC
    ●有効除電距離:50〜2000mm(センシングACモード時:200〜2000mm、マニュアル運転・オート運転時:100〜2000mm)
    ●CE適合品
    材質】仕上●イオナイザカバー:ABS
    ●電極カートリッジ:PBT
    ●電極針:タングステン、単結晶シリコン
    セット内容】付属品-
    注意●イオンバランスは、帯電物とイオナイザ間の距離300mmにおいて、エアパージ有のときの値です。
    原産国(名称)日本
    JANコード-
    コロンコード1367166000
    質量840g


    オレンジブック TRUSCO
    SMC(株) イオナイザ フィードバックセンサタイプ [ 品番:IZS4146006B ] 
    オレンジブック:電子機器 静電気対策用品 除電機
    価格
    112,000円 (税込 120,960 円)
    ※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
    ※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
    ※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
    質量・サイズ   
    取寄せ品:発送目安2〜3日(土日祝除く)
    個数 
    未選択項目があります
    選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
    未選択項目があります
    選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
    お気に入りに追加
    お気に入りに追加
    レビューを書く

Special

RoHS対応について

EU(欧州連合)における特定有害物質使用制限に関する規制(RoHS指令)はその運用が2006年に開始されてから既にかなりの期間が経過しておりますが、いまだにその対応が不十分な製品が報告されております。弊社では、いち早く製品の出荷時におけるスクリ-ニング検査手法を導入し、御要求に応じて取引先の皆様に検査デ-タの提供をさせていただいております。また、必要に応じて各部材の精密検査も専門 検査機関に依頼し、安心して製品をご提供できるよう努めております。

環境経営について

弊社は、従来より"捨てればゴミ、使えば資源"と考え、梱包材の再利用や資源リサイクルのためのゴミ分別などを行ってまいりました。また、昨今話題となっている化学物質の環境問題にも早くから取り組み、特に2006年にEU(欧州連合)で運用が始まった特定有害物質使用制限に関する規制(RoHS指令)には当初から積極的に対応し、有害物質を含まない、地球にやさしい製品をお届けする事を心がけております。