環境計測・光学機器
太陽光発電フィールドや気象観測における日射計測、ビル間の風向・風速モニタなど
環境シミュレ-ションに適した機器の販売・レンタル。
熱電対
超高温域や微細エリア等、測定現場の様々なアプリケ-ションにそった最適な提案。
工業規格以外の特殊熱電対もご相談ください。
電気炉
研究領域で要求される均熱特性、炉内温度勾配や多様な試験条件を1台で実現。
真空・ガス導入を装備した電気炉装置の設計
基準太陽電池
ソ-ラ-シミュレ-タの照度校正、太陽電池モジュ-ルの屋外性能確認に応える、
国家規格に適合した基準太陽電池。ユーザ-仕様による特注可。
Created with Raphaël 2.1.0

環境計測・光学機器関連製品 熱電対関連製品 電気炉関連製品 基準太陽電池関連製品

    2019-09-25
    カテゴリトップ>車パーツ>その他メーカー>メーカー名:R>RS-R/RS★R
    RS-R Sports☆i 車高調キット 推奨仕様 SPIS137M スズキ スイフトスポーツ ZC32S FF NA ベースグレード 1600cc 2011年12月〜入数:1セット

    ゴツゴツしない、快適でしなやかな乗り味。

    基本的にストリートでしなやかで快適な乗り心地が得られることをコンセプトに開発されたスポーツ車種向け車高調です。
    しかしながら街乗りだけでなく、セッティング次第ではスポーツカーにふさわしいシャープなハンドリング特性と優れたコーナリング特性が得られ、
    しっかりとした乗り味でワインディングやサーキットでも十分に対応できるなど、ステージに合わせた幅広いセッティング範囲と基本性能を持ち合わせています。

    推奨仕様

    ■適合車種
    スズキ スイフトスポーツ
    ZC32S FF NA ベースグレード ■推奨車高調整幅(mm) フロント:-10〜-55/リア:-10〜-55
    ■推奨車高(mm) フロント:-30〜-35/リア:-30〜-35
    ■最大調整幅(mm) フロント:+5〜-65/リア:-10〜-55

    ■推奨バネレート(kg/mm) フロント:5/リア:3.7

    ■減衰力調整 フロント:○/リア:○
    ■全長調整 フロント:○/リア:○
    ■フロントキャンバー調整:フロントナックル部にてキャンバー調整ができます。
    ■リア車高調整:ネジ式

    マッチンググレード:ベースグレード

    1600cc 2011年12月〜

    【注意事項】
    ※最大調整幅は物理的な最大調整可能範囲寸法からの数値であり、保証出来る走行可能な数値ではありません。
    走行可能な許容範囲については、推奨車高調整幅を参照してご使用下さい。

    ※推奨車高調整幅を超える範囲で調整を行った場合、タイヤ・アーム等がボディに干渉する恐れがあります。

    こちらの商品は適合確認が必ず必要です。
    カートに入れた後、注文フォームの備考欄に車輌情報をご入力ください。
    車輌情報がありませんと、再度車輌情報をお伺いする場合もあり発送にお時間がかかりますのでご協力の程宜しくお願いいたします。


    商品の詳細な情報はメーカーサイトをご確認ください。

    ■関連事項
    RS★R サスペンションパーツ 車高調整式 ショックアブソーバー KIT SHOCK ABSORBER
    ■メーカー情報
    RS★R
    ■適合情報
    SUZUKI 鈴木
    ■その他
    株式会社ティエムシー アールエス・アール アールエスアール あーるえすあーる RSR RS☆R automobile motorcar オートモービル モーターカー カー 車 自動車 車両
    ■JAN
    4511969826618

    送料無料!
    価格
    141,354円 (税込)
    ※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
    ※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
    取寄:1〜2週間前後発送(土日祝/欠品時除く)
    個数
    未選択項目があります
    選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
    未選択項目があります
    選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
    お気に入りに追加
    お気に入りに追加
    レビューを書く

Special

RoHS対応について

EU(欧州連合)における特定有害物質使用制限に関する規制(RoHS指令)はその運用が2006年に開始されてから既にかなりの期間が経過しておりますが、いまだにその対応が不十分な製品が報告されております。弊社では、いち早く製品の出荷時におけるスクリ-ニング検査手法を導入し、御要求に応じて取引先の皆様に検査デ-タの提供をさせていただいております。また、必要に応じて各部材の精密検査も専門 検査機関に依頼し、安心して製品をご提供できるよう努めております。

環境経営について

弊社は、従来より"捨てればゴミ、使えば資源"と考え、梱包材の再利用や資源リサイクルのためのゴミ分別などを行ってまいりました。また、昨今話題となっている化学物質の環境問題にも早くから取り組み、特に2006年にEU(欧州連合)で運用が始まった特定有害物質使用制限に関する規制(RoHS指令)には当初から積極的に対応し、有害物質を含まない、地球にやさしい製品をお届けする事を心がけております。